歯科 インプラント 矯正 横浜市

歯科 インプラント 矯正 横浜市
歯科 インプラント 矯正 横浜市
歯と周囲の仲間たち
インプラント治療とは?
インプラント治療例
インプラント以外の治療
トラブル例とインプラント
当院のインプラント
歯科 インプラント 矯正 横浜市
矯正治療のおすすめ
矯正治療例
矯正治療Q&A
鶴見中央歯科の矯正
歯科 インプラント 矯正 横浜市
予防歯科
ホワイトニング
クリーニング
ノンクラスプデンチャー
欠損箇所の治療
歯科 インプラント 矯正 横浜市
鶴見中央歯科院長挨拶
鶴見中央歯科スタッフ
診療時間・地図
鶴見中央歯科アクセス
お問い合わせ
鶴見中央歯科ニュース
歯科 インプラント 矯正 横浜市
ご相談フォーム
鶴見中央歯科院長日記
スタッフ 木漏れ日 話
リンク集
連携先病院紹介
 
歯科 インプラント 矯正 横浜市

    予防歯科

予防歯科とは?

予防歯科というとみなさんは、歯石やヤニをとってもらったり、
PMTCといって歯の表面を磨いてきれいにしてもらう事や
歯ブラシを上手にできるように衛生士さんに教えてもらって、
虫歯や歯周病にならないように予防することと考えていると思います。

実は予防というのは歯科衛生士さんが
毎日地道に行なっているこのような業務だけではないのです。

鶴見中央歯科クリニック(TCDC)では、もっと広く予防歯科をとらえていて、
患者さんにもその重要性を認識していただくよう努力していますが、
それを紹介したいと思います。



予防歯科としてのインプラント

予防歯科として考えるとインプラント治療はお口の中の健康に
非常に有効であるとおもわれますが、次にいくつかの点を挙げてみます。

1.ブリッジのように欠損しているとなりの歯を削らないため、
 歯を削った場合の虫歯や歯周病からの
 リスクを予防(回避)することができます。

2.ブリッジや入れ歯のように支える歯にたよらずに噛めるので、
 周りの歯に強い負担がかかることを予防(回避)することができます。

3.逆に今まで欠損していたことで、
 食事の時に周りの歯に負担がかかっていたのを
 インプラントで負担を軽減することができます。
 したがって周りの歯や反対側の歯など残っている
 自分の歯の負担を減らすことで予防することができます。

4.特に審美的に問題になる前歯で歯が欠損するとその部分だけ
 顎の骨がやせて歯肉がくぼんでしまいます。
 歯が欠損したらなるべく早めにインプラントで修復すれば、
 その歯肉のくぼみを予防(回避)することができます。

またこれ以外のインプラントのメリットは「インプラント治療とは?」に掲載されています。

⇒インプラント治療とは?

予防歯科としての矯正治療 

予防歯科として考えると矯正治療も、お口の中の健康に非常に有効であると思われます。
次にその点についていくつか挙げてみます。


1.歯列不正が、特に歯ブラシの難しい奥歯にあるとうまく歯ブラシが当たらないため、
 虫歯や歯周病になる確率がかなり高くなってしまいます。
 したがって、矯正できれいに歯をならべることで自然とブラッシングが
 改善され虫歯や歯周病を予防することができます。

2.特に奥歯において歯の向きが、傾いていると歯を支えている歯周組織に負担がかかり、
 しだいに歯周病になり、ぐらぐらして噛めなくなってしまうケースをよく見かけます。
 歯は一般的に、垂直的な方向からの噛む力には強いのですが、
 傾いていて、斜めからの力には問題がでやすいのです。
 矯正治療によって、この歯の傾きをまっすぐにすることによって、
 歯周病や虫歯を予防(回避)することが可能になります。

3.反対咬合(受け口)や開咬のように上下の歯の歯列全体がずれてしまっている場合は、
 矯正治療を受けて上下の噛み合せを改善することで
 適正な咀嚼の状態を得ることができるので、咀嚼障害を予防することができます。

▲ 予防歯科ページTOPへ戻る

COPYRIGHT(C)2006 歯科 インプラント 矯正 横浜市 鶴見中央歯科クリニック ALL RIGHTS RESERVED.