歯科 インプラント 矯正 横浜市

歯科 インプラント 矯正 横浜市
歯科 インプラント 矯正 横浜市
歯と周囲の仲間たち
インプラント治療とは?
インプラント治療例
インプラント以外の治療
トラブル例とインプラント
当院のインプラント
歯科 インプラント 矯正 横浜市
矯正治療のおすすめ
矯正治療例
矯正治療Q&A
鶴見中央歯科の矯正
歯科 インプラント 矯正 横浜市
予防歯科
ホワイトニング
クリーニング
ノンクラスプデンチャー
欠損箇所の治療
歯科 インプラント 矯正 横浜市
鶴見中央歯科院長挨拶
鶴見中央歯科スタッフ
診療時間・地図
鶴見中央歯科アクセス
お問い合わせ
鶴見中央歯科ニュース
歯科 インプラント 矯正 横浜市
ご相談フォーム
鶴見中央歯科院長日記
スタッフ 木漏れ日 話
リンク集
連携先病院紹介
 
歯科 インプラント 矯正 横浜市

    ホワイトニング・・・もっと美しい、素敵な笑顔へ

ホワイトコート
ホワイトコートは歯を削ったりして傷つけることなく、お化粧感覚でその場で白い歯を体験できる歯のマニキュアです。
例えば、結婚式やイベント前の一時的な利用や、美容室に通うように定期的な歯のクリーニング後に利用していただくことができます。

審美性の改善・最小限の治療
〜審美性の改善、歯質を切削し、人工物を入れる必要がない、最小限の治療〜

方法は、歯冠内漂白法、オフィスホワイトニング、ホームホワイトニングがあります。

変色の原因や生活に合わせてご自分に合ったホワイトニング方法を選択しましょう。

なかでも、アメリカでも大人気の、ご自宅で簡単にできる
ホームホワイトニングがシェアーアップ。

全歯列の応用が簡単で、その白さは、透明感を伴う自然に近い色調や、
白さの持続期間の長さはオフィスホワイトニングと比較して勝り、コスト面でも安価。



ホームホワイトニングの流れ


平行してフッ素の導入はとても効果的です。

トレーにホワイトニング剤を注入して、通常1日1回、約2時間お口に装着。
(トレー装着中は飲食しないで下さい)
その後、トレーをはずしたら、歯の表面、
トレーの内面に付着しているペーストをよく水洗して、
そのトレーにフッ素のジェルをいれ30分!

漂白後はフッ素の吸収がよく、歯の脱灰防止に効果的、
毎日の歯のお手入れにおすすめです。

ホームホワイトニングの適応症と禁忌症

適応症
   
   ・増齢
   ・嗜好物・飲食物
   ・テトラサイクリン (軽い変色)
   ・フッ素沈着症

禁忌症
   
   ・エナメル質形成不全
   ・エナメル質に亀裂が存在する
   ・虫歯、歯周病、歯肉炎、知覚過敏がある
   ・象牙質形成不全
   ・象牙質、歯根の露出
   ・テトラサイクリン (強い変色)
   ・金属材料による変色
   ・妊産婦、授乳中の女性
   ・無カタラーゼ 
    (出血時、オキシドールにて消毒して発砲しない方)

年齢別

若年は早くから変化をするのに対し、60歳くらいからは、変化し始めるのが遅いです。
しかし、4週間で同じになります。

ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングの違い


ホワイトニング中の注意事項

1日1回トレーを装着したあと1時間は、本来、
歯の表面に付着している有機質(ペリクル)が分解されている為、

歯に色素が入りやすいです。
   カレーライス、コーヒー、赤ワインの色の濃い食品は避け、タバコも控えて下さい。
   飲食後はすぐに、歯磨きをして歯の表面から色素を除去して下さい。
 

歯が酸によって脱灰されやすいので
   レモンやグレープフルーツ等の酸味の強い飲食物は控えて下さい。
   (脱灰・・カルシウムが抜け出してしまうことです)
 

ホワイトニング剤は、一箇所につき米粒半分程度で十分です。
   トレーからあふれたらティッシュペーパーなどで取り除いてから、
   お口に装着して下さい。また、飲み込まないよう注意して下さい。
   日が当たらず高温にならない、子供の手の届かない場所に保管して下さい。
 

トレーは乾燥させて保管して下さい。
   熱に弱いので、熱湯で洗浄したり、ドライヤーで乾燥させないで下さい。
 

1週間に1度来院して下さい。歯や歯肉に異常がないかチェックをします。
 

歯科治療は、ホワイトニング開始前に治療するか、後2週間空けてから。
   漂白直後に、レジン充填(白いつめもの)は、過酸化水素による酸素の発生により
   ボンディング材(接着剤)の硬化不全がおこるため、詰め物がとれてしまいます。
 

上下同時漂白はしないで下さい。
   顎関節に負担がかかります。また、漂白効果をご自分で確認できなくなります。
 

漂白期間は標準2週間。
   (上顎、下顎それぞれ)ですが、
   効果には個人差があり延長が必要になることもありますので
   トレーは大切の保管しておいて下さい。
 

知覚過敏が生じた場合の対処

・歯がしみるような症状が起こった場合、1回の時間を短くしたり、
 1日おき(2日)にして下さい。

・トレーの装着時間を2時間から30分、15分と短縮して下さい。

・知覚過敏対応の歯磨き剤(シュミテクト、ガムセンシティブなど)を使用してください。

▲ ホワイトニングページTOPへ戻る

COPYRIGHT(C)2006 歯科 インプラント 矯正 横浜市 鶴見中央歯科クリニック ALL RIGHTS RESERVED.