新着情報

新着情報

歯と栄養

2018.05.22

 

こんにちは!

毎日、日差しが強いですね。

夏ももうすぐ!!!

冷たい飲み物や食べ物を取りすぎないよう、

体調を崩さずに楽しく過ごしましょう(^▽^)/

 

7575D9FB-269A-469A-87BD-81010440DE0E

↑ 日曜日の空☆空がとっても青くてお気に入りの1枚です!

 

 

 

今回は『 歯と栄養 』についてです。

 

 

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、

丈夫な歯をつくり、維持するには カルシウムばかりをたくさん摂ればよい!

っというわけではありません。

 

では、どんな栄養が歯に良いのか、気になりますよね。。。(u_u)

 

 

歯の基礎をつくる【タンパク質】

 

エナメル質をつくる【ビタミンA】

 

象牙質をつくる【ビタミンC】

 

歯の石灰化を助ける【カルシウム・リン】

 

カルシウムの代謝や石灰化のはたらきを助ける【ビタミンD】

 

 

っと、歯と栄養はとても密なのがわかります。

 

歯もからだの一部ですね。歯の健康を考え、

生えそろった後も、乳歯の下で永久歯がつくられる乳幼児期や妊娠中には特に

栄養バランスのとれた食事をすることが大切になります。

 

ちょっとだけ食品を挙げてみると、

 

 

タンパク質が多く含まれている食品… 肉・魚・卵・乳製品

 

ビタミンA… レバー・うなぎ・チーズ・卵黄・にんじん・ほうれん草・抹茶

 

ビタミンC… 果物・野菜・緑茶

 

カルシウムとリンは一緒に… 牛乳・ほうれん草・豆腐・海藻類

 

ビタミンD… 魚・きくらげ・舞茸・卵黄

 

 

調べてみると、栄養バランスの大切さがわかります。

長くなりそうなので。。。今日はここまで☆(o^―^o)

 

ご自身の歯でしっかり噛めて、楽しく食事ができるよう

忙しい毎日のなかでも、栄養面に目を向けてみましょう(^▽^)/

 

 

衛生士 i

001

 

 

#歯と栄養

鶴見中央歯科クリニック

 

アクセス

〒230-0051
神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央2-2-4
ダイカンプラザ1F

045-521-5000

電話応対時間
9:00~20:00(日曜日は17時まで応対可)

9:00~13:00 / 14:30~20:00

※ 日曜日は17時までとなっております